山コーヒーにはタイガー「サハラマグ200」が断然オススメ!

「チタン」の名前の由来は、ギリシャ神話の巨人「タイタン」だそうです。

いわゆる「レアメタル」にひとつで、「軽さ」と「強さ」を兼ねそろえた夢の金属素材ですよね。

「錆びない」「熱を通しにくい」「有毒性が低くアレルギーの原因になりにくい」という特徴もあります。

「加工が難しい」こともあってか、チタン素材のアイテムはどれも「値段が高い」のがネック!

それでも「軽量化」が重要なファクターになる登山では、チタン製をチョイスすることが大きなアドバンテージになります。

「希少性」「高級感」があるので、持っているだけでなんとなく「優越感」があるし、「所有欲」も満たされますよね。

たかはし昇一も以前はチタン製の軽量マグを山に持って行ってました。

●魔法瓶の「保温性」はまさに魔法!

山コーヒーってなんであんなにおいしいのでしょうか。すばらしい景色を眺めながらの一杯は最高ですよね!

「利尿作用」があるので、水分補給が重要な登山で飲みすぎはよくないのですが、山コーヒーが楽しみで山に登っている人も多いことでしょう。

でも、「せっかく熱々に淹れたコーヒーがすぐ冷めてしまって悲しい」と感じたことはありませんか?

標高の高い山頂付近は、真夏でも平地の冬のような冷たい風が吹きます。

たかはし昇一はすっかり冷めてしまったコーヒーをすすりながら、「保温性のあるマグカップ」がないものかと探していました。

ついにそれを見つけたのは、登山用品店ではなくスーパーの家庭用品売場

「タイガー」が販売している「サハラマグ」「直飲みタイプ」の魔法瓶です!

熱々のコーヒーがいつまでも熱々をキープするので、はじめて使った時の感動がすごかった!

「魔法瓶」は「二重構造」で「熱伝導・熱放射を防ぐ」ことで保温する仕組みなのですが、本当に「魔法」みたいだと感じました。

諸説ありますが、ハンターが新聞記者の取材に対して「魔法瓶」と言ったのが定着したそうです。

ただのチタンマグだとものの数分で冷めてしまいますが、「サハラマグ」の保温力は「6時間/1時間:61℃以上/83℃以上」!

ハンターが「魔法」とまで言った気持ち、よくわかります!

●200mlという絶妙な「容量」!

容量は何パターンかあるのですが、個人的には「200ml」が絶妙な容量!

魔法瓶って「500ml」が標準的な容量のようなイメージがありますが、「マグ」として使うには大きすぎますからね。

200mlであれば「コーヒー1杯」にぴったりの量です。

ちなみに、ぼくは街でもヘビーユーズしてます。セブンイレブンのコーヒーマシーンにもジャストフィットしますよ!

●地味に便利な「スクリューキャップ」!

ただのマグカップは、デフォルトだと「フタ」がありませんよね。

熱を放射して温度の低下が早まりますし、「ゴミ」「虫」が入ってしまうのもストレスでした。

「サハラマグ」はシンプルな「スクリューキャップ」を採用してますので、そんな心配は無用です!

持ち運ぶことができるので、慌てて飲み切る必要もなくなります。

テント泊の時、ぼくはこの「サハラマグ」でウイスキーのお湯割りを楽しむことがあります。

テントの中は狭いので、何度もマグを倒してしまったことがありますが、ちゃんと「スクリューキャップ」を閉めておいたのでこぼさずに済みました!

もし「フタのないマグ」を倒していたら…

●チタンマグは「軽いだけ」!

「スノーピーク」の「チタンシングルマグ220」の重量は約45g、対する「タイガー」の「サハラマグ200」は約100gです。

重量差は約55g、「サハラマグ200」は「チタンシングルマグ220」の約2倍の重量ということになります。

「チタンシングルマグ220」は軽い!たしかに軽いのですが…「軽いだけ」なんですよね。

実際に山で使えば、「保温性」のありがたさや「スクリューキャップ」の地味な便利さがメリットに感じられます。

+約55gを背負って「保温性」という付加価値を得られるので、「重量対効果」はかなり高いです!

感覚的な話ですが、約100gでこの機能は「軽い」と感じてます。

●シンプル・ミニマムな「デザイン」もグッド!

「マグ」って「飲み物を飲むため」の1アイテムに過ぎないのですが、けっこう奥が深いですよね。

チタン・ステンレス・アルミのような「素材」、シングルウォール・ダブルウォールといった「構造」「容量」、さらに細かな「ディティール」のかけ合わせで無数のバリエーションがあります。

たかはし昇一も長年「ベストマグ」を探していたのですが、「サハラマグ」がベストと言い切ります!

「デザイン」も「シンプル・ミニマム」でグッド!

まさかスーパーで出会うとは思いもよりませんでしたが、「サハラマグ」を超えるマグは出てこない予感がしてます。

カラーは1トーンが基本ですが、バリエーション豊富!廃盤なのかも知れませんが、ぼくは「マットブラック」を愛用。

お好きなカラーの「サハラマグ」で、「熱々の山コーヒー」はいかがでしょうか?ちなみに話題の極上コーヒー「土居珈琲・人気2銘柄セット」が特価ですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

たかはし昇一

30歳から3つの「と」(投資・登山・トレーニング)を習慣にしたら人生が変わった金融系サラリーマン。1985年生まれ、東京都23区内在住です。2034年までに金融資産3,000万円の「アッパーマス層」になるため、「収入を増やす」「支出を減らす」「投資で増やす」をコツコツ実践中。