グーグルアドセンス|収益1,000円突破!めざせ8,000円!

本ブログ「そろそろ本音で話そうか。」の運営スタートは2017年7月初旬です。

ブログコンセプトは、30歳から3つの「と」(投資・登山・トレーニング)を習慣にしたら人生が変わった金融系サラリーマンが情報を発信すること。

2017年7月5日からこのコンセプトに沿ったブログ記事をアップしはじめ、7月31日にはグーグルからアドセンスのアカウント承認を知らせる「ポップコーンメール」が届きました。

グーグルは世界的なプラットフォーマーの1社。そんなグーグルに、じぶんのブログの「存在価値」を認めてもらえたようでうれしかったです。

グーグルアドセンス審査のハードルが高いことで有名ですよね。

審査通過アカウント承認までのノウハウ記事があふれていることからも、アドセンスへの関心の高さと、審査を通過できないケースも多いことがわかります。

たかはし昇一もブログ開始当初から「ブログの収益化」には興味があったものの、まさかこうスンナリ承認されるとは思いもよらないことでした。

申し込み→承認までほんの数時間だった記憶があります。

まめに「記録」していれば、このような記事を書くにあたっていい材料になったのでしょうが、なにせ当時はアドセンスに「半信半疑」でしたからね。

スポンサーリンク

●住所確認の基準額「収益1,000円」を突破!

アドセンスの状況は普段1日1回しかチェックしないのですが、ある日ホーム画面に見なれない赤い帯の「警告」と「タスク」が表示されているのが目につきました。

住所確認の基準額になっている収益1,000円を満たすと、グーグルから「PIN」を通知するハガキが発送されるんですね。

ハガキはPINの生成日から3〜5日後の発送で、受け取りはそれから2〜4週間後海外から発送されるエアメールなので、到着までの時間は郵便事情の影響を受けます。

ぼくのケースでは2018年4月6日のPIN生成で、ハガキ到着は5月1日ほぼ4週間かかりました。

発送先住所」はアドセンスのアカウントに登録している場所になります。

もしアカウント承認からハガキ発送までの間に「転居」をした場合、きちんと住所変更手続きをしないとぼくのように焦ることになるので注意が必要です…

ハガキが1ヶ月以上も届かない場合や、登録情報に誤りがあった場合でも、PINは2回までなら再生成可能

ハガキは「アカウントに関する重要なお知らせ」というタイトルでポスト投函されていました。ウラ面にはグーグルアドセンスのロゴが大きく印刷されています。

この部分を切り離してください」と書いてあるハガキ3辺のミシン目をカットすると、中には数字6ケタのPINコードが!

PINは入力期限が設定されていて、生成から6ヶ月が経過すると広告非表示に。また入力ミス3回で広告配信が停止されてしまうので変にプレッシャーがかかります…。

おそるおそるPINを入力・送信すると、無事に警告・タスクの表示は消滅しました。

あとは3〜5営業日以内に登録している銀行口座に100円未満のデポジットが入金されるので、入金確認ののちデポジット金額を入力して完了

ぼくの場合は2018年5月7日に「29円」のデポジットが入金されました。

プルダウンで金額選択し「確認」のボタンクリックで、ようやく支払いに関する登録が完了です!

ここまでの作業を完了させないと、せっかくの収益がいつまでも振り込まれない事態になります。

PIN生成〜銀行口座の確認までを時系列をまとめると次の通り。およそ1ヶ月間かかりました。

  • 2018年4月6日:PIN生成
  • 2018年5月1日:ハガキ到着
  • 2018年5月7日:デポジット入金

●支払いの基準額「収益8,000円」をめざす!

グーグルアドセンス」は、サイト・ブログなどに表示した「広告」が「クリック」されることで「報酬」が発生する「クリック報酬型広告」。

広告は関連性のあるものを自動的に表示クリック単価も比較的高いので、アドセンスだけでかなりの収入を得ることも可能です。

ぼくは住所確認の基準額である「収益1,000円」を達成するまでに約3ヶ月かかりましたが、アドセンスは「収益8,000円」が支払いの基準額になっています。

1,000円達成以降もすこしづつ収益は発生していて2018年5月4日時点で「35%」に達しているので、この調子をキープできれば、遅くても2018年中にはアドセンスによる「初収入」をうけ取ることができそうです。

かなりスローペースだという自覚はあって、もうすこし賢く収益をあげる方法もあるかなという気もしますが、クリック率単価を上げるようなテクニックにはあまり興味がありません。

グーグルアドセンスを生活のために収入を得る手段とは考えていませんし、グーグル広告主ユーザーといった第三者の行動はコントロール不可能だからです。

ぼくの課題はコンスタントにより中身のある記事をアップしていくことで、これまでと変わりません。

評価されること」が「目的」でもないのですが、価値あるコンテンツを作成し評価されるブログづくりという「プロセス」に集中していれば、結果的に収益8,000円も自然に達成されるはず。

めざすべきなのは「収益」ではなく、あくまで「ユーザーの満足」でしょう。

スポンサーリンク

●「悪事」を働かなくてもお金は稼げる!

なにか知りたいことがあるから検索してるのに、たどりついたページのコンテンツの内容が薄くて広告だらけだとガッカリしますよね?

ぼくは2017年7月31日にアドセンスのアカウント承認はされていましたが、せっかく記事を読もうとしてくれたユーザーに不快な思いをさせるのがいやで2017年後半までは広告を非表示にしていました。

でもグーグルが「Googleが掲げる10の事実」という社是のなかで、「悪事を働かなくてもお金は稼げる。」と掲げていることを知って考えが変わりました。

Googleが掲げる10の事実

  1. ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。
  2. 1つのことをとことん極めてうまくやるのが一番。
  3. 遅いより速いほうがいい。
  4. ウェブ上の民主主義は機能する。
  5. 情報を探したくなるのはパソコンの前にいるときだけではない。
  6. 悪事を働かなくてもお金は稼げる。
  7. 世の中にはまだまだ情報があふれている。
  8. 情報のニーズはすべての国境を越える。
  9. スーツがなくても真剣に仕事はできる。
  10. 「すばらしい」では足りない。

詳細は以下の通りでともすればあたり前のことでもあるのですが、とても共感できる基本理念です。

Googleは営利企業です。企業に検索テクノロジーを提供することと、Googleのサイトやその他のウェブサイトに有料広告を掲載することで収益を得ています。世界中の数多くの広告主がAdWordsで商品を宣伝し、数多くのサイト運営者がGoogleのAdSenseプログラムでサイトのコンテンツに関連する広告を配信しています。広告主だけでなく、すべてのユーザーの皆さんにご満足いただくため、Googleでは広告プログラムとその実践について次のような基本理念を掲げています。

  • 検索結果ページには、その内容と関連性のない広告の掲載は認めません。Googleは、広告というものはユーザーが必要としている情報と関連性がある場合にのみ役立つと考えています。そのため、検索結果ページに広告がまったく表示されない場合もあります。
  • 派手な広告でなくても効果は上げられるとGoogleは考えています。ポップアップ広告は邪魔になってユーザーが見たいコンテンツを自由に見られないので、Googleでは許可していません。Googleは、閲覧しているユーザーに関連性のあるテキスト広告のほうが、ランダムに掲載される広告よりずっとクリック率が高いことに着目しました。企業の規模には関係なく、あらゆる広告主がこのターゲット広告を利用できます。
  • Googleが掲載する広告には、スポンサーによる広告リンク(スポンサーリンク)であることを必ず明記しているため、検索結果の完全性が損なわれません。Googleが検索結果のランクに手を加えてパートナー サイトの順位を高めるようなことは絶対にありません。PageRankは、お金で買うことはできません。GoogleのユーザーはGoogleの客観性を信頼しているのであり、その信頼を損なって短期的に収益が増加しても意味がないのです。

グーグルも不要な広告だらけのコンテンツは望んでいないんです。「客観性」や「信頼性」を大切に、すべてのユーザーが満足することを目的にしています。

このような理念にもとづいているからこそ、アドセンスは審査や運用ルールが厳しいのでしょうね。

広告によって収益を得ることは決して「悪事」ではありません。

グーグルアドセンスはクリック報酬型広告で「大好きなことを収益に」を実現する可能性を秘めたシステムです。

だれもクリックなんてしないのでは?」とぼくは半信半疑でしたが、表示された広告が日々クリックされ収益が発生している現実に直面しています。

アドセンスは「グーグルアカウント」を登録し「独自ドメイン」さえ取得すれば無料ブログでもOKなので、初期費用がローコスト気軽にチャレンジできるのも魅力ですよね。

働きかた改革」のおかげでサラリーマンの「定時退社」「休暇取得」が推進されていますし、「副業」として真剣にとり組むのにもハードルが低いのではないでしょうか?

せっかくなら「フラリーマン」になってお金と時間を浪費するのではなく、アドセンスを活用した趣味ブログでもはじめたほうが生産性があるでしょうね。

ぼくの勤務先の上司・同僚などは「グーグル」という会社の存在はもちろん知っていて、検索エンジンを利用することも多いと思います。

でも「グーグルアドセンス」という仕組みを知っていて、それを活用しているひとはほんのひと握り皆無でしょう。

いまのところ時給に換算して効率がいいわけではないのですが、「一般人」であっても経験をベースにした情報発信をすることで自動的に収益を得ることのできる可能性があるわけです。

いつまでもググって情報を得るだけの立場に留まるのでなくググられる立場になって、表示されたコンテンツユーザーに満足を提供できれば、自己表現他者貢献を実現しつつ収益が得られます。

グーグルから「ポップコーンメール」を受信したとき、そして今回「収益1,000円」突破によって「住所確認・PIN通知ハガキ」が届いた瞬間、うれしかったのはもちろん可能性の広がりを感じました。

30歳から3つの『と』(投資・登山・トレーニング)を習慣にしたら人生が変わった金融系サラリーマンが情報を発信するブログ」というコンセプトは変わってませんが、方向性は模索中ですしアクセスコンテンツの質・量ともにまだまだですが…

収益8,000円」を達成してグーグルから報酬が振り込まれるようになったとき、このブログがどのように成長しているのかを楽しみに更新を継続してみます!

グーグルアドセンス「収益8,000円」7ヶ月・73記事で達成!


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

たかはし昇一

30歳から3つの「と」(投資・登山・トレーニング)を習慣にしたら人生が変わった金融系サラリーマン!1985年生まれ、東京都23区内在住です。2034年までに金融資産3,000万円の「アッパーマス層」になります!「収入を増やす」「支出を減らす」「投資で増やす」をコツコツ実践中!