Zaifコイン積立|仮想通貨に投資のセオリーは通用する?

Zaif(ザイフ)」で「コイン積立」はじめました!

たかはし昇一は「株式型ファンド」の「つみたて投資」をしているので、つみたてのメリットデメリットは理解しているつもり。

Zaif(ザイフ)は仮想通貨のつみたてができる数少ない取引所です。

\コイン積立ができる!/

ザイフ

仮想通貨の「コンセプト」や「ブロックチェーン技術」は革新的で、世界を一変させるポテンシャルがあります。

ただ仮想通貨は本来「決済手段」。

ゴールド」と似た性質をもっているとはいえ、投資・投機の対象になっていることには違和感があるのが正直なところ。

とはいえ資産形成において仮想通貨は無視できないほどの存在感がありますよね?

●「Zaif」ってどんな会社?

Zaif(ザイフ)は「テックビューロ株式会社」が運営する「仮想通貨の取引所」。

  • 社 名:テックビューロ株式会社
  • 設 立:2014年6月16日
  • 資本金:8億3,013万円
  • 所在地:大阪府大阪市西区西本町1-4-1オリックス本町ビル4F
  • 代 表:朝山 貴生

テックビューロ株式会社は金融庁の「仮想通貨交換業者登録一覧」に掲載されています。

審査をクリアし、資金決済法上の定義に該当することを確認された業者なので安心感がありますね。

\近畿財務局長第00002号を取得!/

ザイフ

Zaif(ザイフ)は、ユーザーから預かる仮想通貨・現金の保全には4つのリスクがあるとしています。

  1. 運営者経営のリスク
  2. 運営者従業員不正のリスク
  3. 運営者セキュリティのリスク
  4. ビットコインネットワーク自体のリスク

これらを踏まえ、最大限の安全性・セキュリティ確保のため6つの対策を実施!

  1. 預かり暗号通貨管理の強化
  2. ユーザー情報やバックアップデータ管理の強化
  3. システムインフラの堅牢性強化
  4. お客様預かり金の分離
  5. リスク管理やセキュリティ対策の強化
  6. 経営資金の確保

これまでも取引所がハッカーに攻撃され、仮想通貨流出の事件はたびたび起こっています。

仮想通貨の根幹技術であるブロックチェーンには今のところ脆弱性は発見されていないので、保管流通交換などにおいての安全性の確保最大の課題

Zaif(ザイフ)はその点をきっちり認識していて、仮想通貨の「ンフラ整備に尽力する」ことをミッションに掲げています。

弊社テックビューロ株式会社は、当初より数年間は利益なしにビットコインのインフラ整備に尽力するというビジネスプランが前提で、それに対する理解の元、著名ベンチャーキャピタルであるNTVPより多額の資金調達をしております。よって、弊社で実施するマイナス手数料などのキャンペーン費用が、弊社の経営を圧迫したり、お客様の預かり金を侵食することはありません。また、お客様の預かり金が弊社の経営資金として流用されることはありません。

ビットコインの取り引きでマイナス手数料を導入していたり、ユーザーに対して取引高に応じたキャンペーンを行うなど良サービスが多いのも「インフラ整備に尽力する」経営方針だからなんですね。

●「コイン積立」の仕組みは?

「コイン積立」は、毎月一定の金額を自動引落でZaif(ザイフ)に入金して、希望する金額で1日ごとに買い付けをしてもらう仕組みです。

いちど設定してしまえば自動的に買い付けがされるので、タイミングをはかったり注文を管理する手間がいっさいかからないのが特徴!

仮想通貨に将来性を感じていて、興味があっても…

  • 取引所でのやりとりがめんどう
  • 売買のタイミングがわからない

といった理由で、仮想通貨取引はじめの一歩がふみ出せなかったような人にもオススメ!

毎月27日に自動引落翌月10日〜翌々月9日にかけて日毎に自動的に買い付けがされます。

●「コイン積立」のメリットは?

コイン積立に限らず、つみたて投資のメリットは「ドル・コスト平均法」によるリスク軽減

上がり局面で少量買い下がり局面で大量買いをすることで長期的に安定したリターンを得ることができるのが最大のメリット!

ビットコインのように値動きの荒い仮想通貨で、長期的に資産形成するには最適な方法ですね。

ただし短期間に莫大やリターンを獲得するには不向きです。

コイン積立ではビットコインモナコインネムエセリウム(イーサリアム)が設定できます。

ぼくは手数料をあわせて5,000円以内にしたかったので、それぞれ1,000円づつにしました。

1,000円〜2,000円のレンジは手数料が一律100円ですが、実質5%〜10%と高コスト。元手は少なくとも3,000以上にすべきでしょう。

●仮想通貨に「投資のセオリー」は通用する?

長期投資を前提に、つみたてドル・コスト平均法を活用するのは投資のセオリー

ぼくは仮想通貨にも投資のセオリーが通用するかどうかに興味があり、Zaif(ザイフ)コイン積立で実験してみることにしました!

  • 資本主義社会は崩壊しない
  • 世界経済は全体として成長していく

このような信念で株式型投資信託分散してつみたてていますが、仮想通貨の価値は今後も上がり続けるのでしょうか?

  • ビットコインのような管理者不在の仮想通貨が主流になる?
  • 仮想通貨の価値は全体として上がっていく?

現時点では、ドル・コスト平均法での長期投資において重要な「ゆるやかでも右肩上がりに成長しつづける」という前提条件に確信はもてていません。

それなのにコイン積立をはじめたのは、あわよくばの値上がり期待資産分散を意図してのこと。

仮想通貨は本来「決済手段」。値上がり益を目当てにしすぎ、投資・投機対象として大金をつぎ込むのはNG!

Zaif(ザイフ)のコイン積立なら1,000円/月から設定できるので、仮に価値が0になってもあきらめられる無理のない範囲内で仮想通貨取引を楽しめますよ。

●Zaifの登録は「簡単3ステップ」!

Zaif(ザイフ)の登録はたったの3ステップでとても簡単。

  1. メールアドレス入力
  2. メールのURLにアクセス
  3. 基本情報登録

ただし、口座開設〜コイン積立開始までの手続きに約1カ月かかる点に注意です!

実際ぼくも登録完了ハガキが到着するまでに1ヶ月程度かかってしまいました。

申し込み件数によってはさらに日数がかかるようなので、早めに口座開設だけでも手続きしておくのがベターだと思います。

コイン積立をするなら、申込み〆日は毎月10日。タイミングによっては初回の買い付けが翌々月10日〜になってしまいますからね。

  \口座開設はお早めに!/

ザイフ

サトシ・ナカモトの論文発表から約2ヶ月後、2009年1月3日に小さなブロックから生まれたビットコイン。

時価総額20兆円以上値段120万円超にまで成長するなんて誰が想像していたでしょうね。

※出典:Cryptocurrency Market Capitalizations(2018/02/20時点)

ここからさらに上昇していくのか、それとも衰退して下落してしまうのか…コイン積立をしながら動向に注目していきます!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

たかはし昇一

30歳から3つの「と」(投資・登山・トレーニング)を習慣にしたら人生が変わった金融系サラリーマン!1985年生まれ、東京都23区内在住です。2034年までに金融資産3,000万円の「アッパーマス層」になります!「収入を増やす」「支出を減らす」「投資で増やす」をコツコツ実践中!