アラサー男のスキンケア|プラウドメンで女子ウケもいい感じ!

スメハラ」はいわゆる「ニオイ」の問題ですが、たかがそれだけと甘くみることができないものです。

会社であれば「ニオイ」が原因になって業務に集中できないこともあるでしょう。

面とむかって話ができず「コミュニケーション不足」になることで、業務に支障が出る可能性だってありますよね。

職場環境の悪化は「士気の低下」にもつながりますし、対外的には「企業イメージの低下」まで懸念されます。

スメハラ」がやっかいなのは「柔軟剤」や「香水」も原因になりえること。他人が不快に感じるニオイはすべて「ハラスメント=嫌がらせ」になってしまいます。

たかはし昇一のような「男性」が一番気になるのはやはり「体臭」でしょう。

きちんと体を洗って清潔さをキープするのが基本ですが、ぼくは「香り」にもこだわって「プラウドメン」の「5アイテム」を愛用中!

おかげで「肌の調子」も「女子ウケ」もいい感じですよ。

スポンサーリンク

①「フレグランススキンウォッシュ」:朝シャワーで香りをまとう!

フレグランススキンウォッシュ」は頭から足先までこの1本でさっぱり洗い上げつつ「ほのかな香り」をつけられます。

全身に使える「オールインワンスキンウォッシュ」なので、時間のない朝のシャワータイムにも最適。ぼくは昼夜問わずこれ1本で済ませてます。

バルルームに「グルーミング・シトラス」の香りが広がっていい気分になるので、シャワー・バスタイムが楽しみになりました。

②「グルーミングミルク」:肌にうるおいを!

ぼくはどちらかというと「オイリー肌」なのですが、30代になってから少しづつ乾燥が気になるようになってきました。

この「グルーミングミルク」はベタつかずサラサラとした使い心地しっかりと保湿ができて、春夏秋冬の季節を問わず肌に「うるおい」と「ほのかな香り」を与えてくれます。

シャワーを浴びつつ、バスルーム内ではパナソニックの「ツインエクス」という防水シェーバーを使っています。

2,532円(2018/01/20時点のAmazon価格)と低価格ですが、十分な切れ味とミニマムなデザインがお気に入り。

グルーミングミルク」はヒンヤリとしてスーッと肌になじむので、シェービング後につけると気持ちいいです。

③「フレグランスグリース」:適度な髪ツヤ+香り!

フレグランスグリース」を髪につけると「適度なツヤ」ができますし、動きにあわせて「ほのかに香る」のが感じられます。

プラウドメンからは「フレグランスワックス」もラインナップされてますが、ぼくは「グリース」のウェットな質感がお気に入り。

ワックス」とちがって1度のシャンプーでしっかりと洗い流せるのもポイント高いです。

使い心地が少し固めなので、ぼくは伸びをよくするためルシードの「ウォーターグロス ハード」とミックスして使ってます。

④「ハンド&スキンクリーム」:手先もしっとり!

意外と見落としがちですが、男性の「手先」って女性にけっこう見られているものです。

プラウドメンの「ハンド&スキンクリーム」は天然由来オイル配合で、しっかり保湿でベタつかずサラリとした使い心地!

パソコンやスマホもすぐ触れるぐらいなので、ぼくはオフィスでもこまめに塗るようにしています。

全身に使えるやさしい使い心地で、手以外にも乾燥が気になる部分に使えるのもいいんです。

⑤「スーツリフレッシャー」:出がけに2〜3吹き!

スーツなど衣服に染み込んだニオイは「ファブリックスプレー」でリフレッシュ

おトクな大容量タイプもありますが、ぼくはあえてこの「携帯タイプ」を常にカバンに忍ばせてます。

朝の出勤前にシュッとひと吹きすれば「仕事モード」に切り替えられますし、汗・タバコや食事のニオイが気になった時や、人と会う前などにひと吹きすると安心です。

スポンサーリンク

●「グルーミングシトラス」で香りをトータルコーディネート!

プラウドメン」のスキンケアシリーズは「グルーミング・シトラス」という香りが基本で、「いやなニオイ」をしっかり消臭し「さわやかでほのかに香る」のが特徴。

ぼくは「じぶんの香り」をこの「グルーミング・シトラス」でトータルコーディネートするようにしています。

プラウドメン」を使いはじめてから「肌の調子」がいいですし、「グルーミング・シトラス」の香りは「女子ウケ」も上々!

宴会の席で「●●さんはタバコくさくてイヤ!」「××さんは加齢臭がすごいくてムリ!」と年下の女性陣が言いだし「スメハラ」が話題になったことがありました。

そこまで言わなくてもいいのにとも思いましたが、いちど女性から「生理的にダメ」とレッテルを貼られてしまうとリカバリーはほぼ不可能なのかも知れませんね。

女性の多い職場で働いているぼくにとって、女性とのコミュニケーションが断絶してしまうのはリアルに死活問題です。

ちょっとドキドキ・ヒヤヒヤしながら話を聞いていたところ…

「でも、たかはしさんはいつもさわやかでいい香りがしますよね」と言ってもらえました!

するどいことに「香水とはちょっとちがう」とも感じるそうで、「なにをつかっているのか」と興味までもってもらえたのはうれしかったです。

それもこれも、すべて「プラウドメン」のおかげ。

すこし割高ではありますが、この一言を得られただけで日頃から「投資」していた甲斐があったというものです。

ぼくは「Amazon定期おトク便」に登録して定期購入しているので10〜15%オフ断然おトクに買えてます。ストック切れの心配もなく便利ですよ。

香りも身だしなみのひとつ」と考えて「さわやかでほのかに香る」を心がけるのがこんなに大事だったとは…

おもいがけない場面で効果検証もできたことですし、ぼくにとって「プラウドメン」のスキンケアシリーズはもはや必需品になりました。

これからも「さわやかでほのかなグルーミング・シトラスの香り」でスメハラ無縁です!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

たかはし昇一

30歳から3つの「と」(投資・登山・トレーニング)を習慣にしたら人生が変わった金融系サラリーマン!1985年生まれ、東京都23区内在住です。2034年までに金融資産3,000万円の「アッパーマス層」になります!「収入を増やす」「支出を減らす」「投資で増やす」をコツコツ実践中!