格安SIM|ドコモ→mineoで月5,000円以上「格安」に!

たかはし昇一とドコモは、2017年12月31日に契約満了となりました。

↓関連記事はコチラ!

ワンダフル2018年チャレンジ!「格安SIM」で固定費削減!

格安SIM|「mineo(マイネオ)」なら初期費用も実質0円!

さっそく実際に格安SIM「mineo(マイネオ)」に乗り換えたところ、事前のシミュレーション通り月5,000円以上も安くなりました!

「固定費の削減」においてこのインパクトは大きいです!

スポンサーリンク

●キャンペーンで「事務手数料」は実質0円!

「mineo(マイネオ)とコラボしたムック本を購入し、キャンペーンコードを利用したことで「事務手数料」は無料でした!

「mineo(マイネオ)」以外でもそうですが、本来であれば「事務手数料」として約3,000円がかかるところ、ムック本の購入費用だけで済んだことになります。

この本、内容は「mineo(マイネオ)」のキャンペーン終始しているわけではないので、「そもそも格安SIMって何?」といった基礎的なことも学べて一石二鳥でした!

●「900円6ヶ月割引キャンペーン」も適用された!

契約内容を確認したところ、初期費用の割引に加えてなんと「900円6ヶ月割引キャンペーン」も適用されていました!

ちゃんと事前に把握しとけよって話ではあるんですが、「mineo(マイネオ)」のキャンペーンすごい!

KDDI傘下の「UQ mobile」ソフトバンク傘下の「Y! mobile」のような大手キャリア系列は、資本力を活かしてCMのような広告でアピールしてますよね。

それに対して、「mineo(マイネオ)」は利用者の利益になるキャンペーンを手厚くしている点にとても好感がもてます!

これで品質も安定しているという話ですので…人気が出て当然ですね。

●手数料は「SIMカード発行料」の425円のみ!

初期費用としては、実質無料になった「事務手数料」のほかに「SIMカード発行料」がかかります。

たったの425円です。

この費用についてもムック本の特典にある、契約開始から3ヶ月間は契約容量に加えて2GB増量のキャンペーンを利用すればほぼペイできます。

たかはし昇一は、この契約開始から3ヶ月間の契約容量を3GB(1,600円)ではなく1GB(1,500円)にします。

スポンサーリンク

●「月額費用」は1,620円!

月額費用は「Dプラン(デュアルタイプ)」「契約容量1GB」で、1,620円。安いっ!

ちなみに付加したオプションは無料の「mineoでんわ」のみです。

ベース費用が安くても、アレコレ不安だから使いもしないオプションを付けてしまうと全体費用が膨らんでしまいますからね。

しかも6ヶ月×最大972円=5,832円割引なので、これで「MNP転出手数料」の約3,000円も吸収

偶然の運もありましたが、本当の意味で「初期費用」が0円になりました!

さらに「紹介キャンペーン」Amazonギフト券1,000円分までもらえるって…「mineo(マイネオ)」、本当にお得すぎるでしょ!

↓たかはし昇一の「紹介コード」です!

mineo 紹介用URL

●「ドコモ解約」後悔は一切なし!

いま考えると、ドコモに支払っていた毎月7,000円って何だったのでしょうか?

2年縛りの24ヶ月で計算すると約17万円。それが「mineo(マイネオ)」だと約4万円なので、差額は13万円!

MVOはMVNOと違って「通信設備」を自前で持っているので、その保守・メンテナンス費用も含んだ料金体系なのでしょうが、それにしたって価格差がありすぎますよね。

要らないサービスを拡充してしまい、その過度なサービスの維持にも相当なコストがかかっているのではないでしょうか?

CMでバンバン新サービスの宣伝をしてますが、正直「だれとく?」な内容も多いですよね。

ぼくにとってはシンプル・低コストが一番です。

ただ人口的にボリュームゾーンになるご高齢の方などにとっては、「手厚いサービス」が重要なのかも知れません。

ちなみにたかはし昇一は、2年縛りのあいだ1度もドコモショップに行きませんでした。

「ITリテラシー」がそれなりにあって、たいていのトラブルに自力で対応できるユーザーであれば、「リアル店舗が存在することによるメリット」はほぼないかと。

「解約・契約」それなりに手間ですが、1度のがんばり効果が継続するのが「固定費削減」の最大のメリットです!

まずはムック本を確保して「格安SIM」が何たるかを勉強してみてはいかがでしょうか?

大手キャリアから「格安SIM」に変えても生活への支障はほとんどないはずです!

●これからも「あたり前」を疑おう!

保険・マイホーム・マイカー…スマホに限らず、所有・購入が「あたり前」とされているもの「本当に必要か」を疑うべきです!

ぼくは会社の「団体保険」で最低限の保障内容家は「賃貸」車も「カーシェアリング」を利用しています。

↓オリックスカーシェアを利用してます!

オリックスカーシェア|都内でマイカーがいらない3つの理由!

ある時代において「あたり前」だった価値観が、そのまま現代すべての人に通用するとは限らないのは当然ですよね。

ありがたいことに、ぼくらは「ものがない」ではなく「ないものがない」という、「物質的」には非常に豊かな時代を生きています。

これからは、個々人の「精神的」な豊かさを追求する時代になるのかも知れません…。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

たかはし昇一

30歳から3つの「と」(投資・登山・トレーニング)を習慣にしたら人生が変わった金融系サラリーマン!1985年生まれ、東京都23区内在住です。2034年までに金融資産3,000万円の「アッパーマス層」になります!「収入を増やす」「支出を減らす」「投資で増やす」をコツコツ実践中!