「アッパーマス層におれはなるっ!」2034年に資産3,000万円!

名作漫画「SLAM DUNK(スラムダンク)」の主人公・桜木 花道は、ダンク以外を「庶民のシュート」と言いバカにしていました。

庶民のシュート」とされたのは「レイアップシュート」や「ジャンプショート」のことで、バスケットでは基本中の基本となるテクニックですよね。

庶民」という言葉は、「一般市民」つまり特別な地位・特権・財産のない世間一般の普通の人びとのことを指します。

特別な財産」を「金融資産額」に置きかえると、「庶民」は「マス層」という金融資産額3,000万円未満のレイヤーになります。

じつは日本における全世帯のうち4,173万世帯・約80%が、金融資産額3,000万円未満の「マス層=庶民」で占められているんです。

スポンサーリンク

●「マス層」日本全世帯の約80%が金融資産3,000万円以下!

※出典元:日本の富裕層は122万世帯、純金融資産総額は272兆円 | 野村総合研究所(NRI)

2016年11月28日「野村総合研究所(NRI)」が「日本の富裕層は122万世帯、純金融資産総額は272兆円」というニュースリリースをしました。

そのレポートによると、日本における全世帯のうち4,173万世帯・約80%が「マス層」に分類されています。

マス層〜超富裕層」のどのレイヤーにマーケット分類されるかは、保有している「金融資産額」によって決定。

たかはし昇一のようなサラリーマンだとつい「年収」に意識が向きがちですが、富裕層と庶民との違いは「資産があるかどうか」なんですよね。

マーケット分類と基準

  • 超富裕層    : 5億円以上
  • 富裕層     : 1億円〜5億円未満
  • 準富裕層    : 5,000万円〜1億円未満
  • アッパーマス層 : 3,000万円〜5,000万円未満
  • マス層     : 3,000万円未満

サラリーマンという立場で「投資」による資産運用をしていると、「アッパーマス層」という言葉をよく耳にします。

アッパーマス層」はマス層の上位にあるレイヤーで、「金融資産額3,000万円〜5,000万円未満」が基準。

日本における全世帯のうち約80%が「マス層」なのですから、「アッパーマス層」に上がることは、金融資産ベースで「日本の上位20%」に仲間入りすることを意味します。

サラリーマンで金融資産額1億円以上の「富裕層」に到達するのは容易でないでしょうが、「マス層→アッパーマス層」ならハードルは低いと思いませんか?

●マス層→アッパーマス層「上位20%入り」は2034年!

金融資産額3,000万円」ならコツコツと「貯金」するだけでも達成できるでしょうが、「投資」による資産運用でより「効率的」に「すこしでも早く」達成したいものです。

ぼくが「アッパーマス層」にステップアップして「日本の上位20%」への仲間入りするのはいつになるのかを、金融資産額0円と仮定してシミュレーションしてみましょう。

※出典元:積立かんたんシミュレーション | 投信積立 | 投資信託 | 楽天証券

毎月10万円」を「リターン5%」で運用できても、脱・庶民するには「約16年」かかります。

ぼくは1985年生まれ。この記事をアップした2018年(33歳)の16年後は2034年(49歳)です。

逆に「16年前」の2002年(16歳)から、もし「毎月10万円・リターン5%」の資産運用がスタートできていれば、それから16年後のいま2018年にはすでに「アッパーマス層」として上位20%入りしていた可能性が高かったわけです!

過去を後悔したって1円にもならないのですが、時間を味方につけた「長期的」な運用による「複利の効果」はやっぱり偉大ですね。

毎月10万円の投資」とは別に「毎月2万円の貯蓄」も継続すると、16年後には約400万円になります。

もしこの「毎月2万円の貯蓄」も「投資」に回して「毎月12万円の投資」をすると、アッパーマス層入りは2年ほど早まることに。

現金・預金」は元本割れしないメリットがありますが、インフレに対抗できないですし投資のチャンスロスでもあります。

現状の「毎月10万円の投資」はボーナスの99%も含めて実際に投資している金額なのですが、投資元本はもっと増やしていきたいですね。

相場」よっては5%以上のリターンを得られる可能性もあるので、シミュレーションより早めに達成できるかも知れません。

ぼくは「資本主義は崩壊しない」「世界経済は全体としては成長する」「株価が上がってこまる人はいない」と思っています!

ボーナスの使い道|99%「投資」でコップの水は飲まない!


スポンサーリンク

●「アッパーマス層におれはなるっ!」夢は補強して叶える!

補強の原則

  • 言えば言うほど、
  • 聞けば聞くほど、
  • 見れば見るほど、
  • 書けば書くほど、
  • 触れば触るほど、
  • 想えば想うほど、夢や目標は叶う。

夢や目標を叶えられる人は、日ごろから「言う・聞く・見る・書く・触る」などして「想い」を補強しているものです。

人気漫画「ONE PIECE(ワンピース)」の主人公・ルフィは「海賊王」になるのが幼いころからの夢。

物語のなかで「海賊王におれはなる」「おれは海賊王になる男だ」と宣言し、何度も夢の補強をしています。そんなルフィをみならって…

アッパーマス層におれはなるっ!

アッパーマス層」になったところで、なにかが劇的に変わることはないでしょうが「金融資産額3,000万円」は金銭的・心理的な余裕につながるでしょう。

庶民=マス層」のサラリーマンから「アッパーマス層」へステップアップするにはそれなりの努力が必要になりますが、できることはそれほど多くないんですよね。

収入を増やす」「支出を減らす」「投資で増やす」の3点を、長期的な「習慣」としてつづけていくしかありません。

ぼくは「転職」して収入は増えましたし、「晩酌」をやめたりスマホを格安SIM「mineo(マイネオ)」に乗りかえるなど着々と実行中。

投資」でも「コスト」はある程度じぶんでコントロール可能ですが、「相場」や「リターン」は天気・波とおなじでコントロール不能なのが悩ましいところ。

このさき晴れ・曇り・雨ふりがくり返され、「大きな波」がきたり「ベタ凪」だったり、あるいは「波にのまれてしまう」ことだってあるかも知れません。

でも長期的な投資で大切なのは、なによりも「継続する」こと。

世界経済の波に乗るサーファー」のつもりで楽しんで、2034年(49歳)には「金融資産額3,000万」の「アッパーマス層」になります!

目先のこと」ばかりに一喜一憂せず、一歩一歩しっかり習慣的なプロセスを踏んでいれば、気がついたときにはいつの間にかステージアップしているはずです。

しかし「脱・庶民」して「アッパーマス層」になるからといって、庶民を見くだすのは違いますよね。

SLAM DUNK(スラムダンク)」でもけっして派手なプレーばかりが名試合を演出するわけではありません。

勝負を決するのは意外にも、天才・桜木 花道が猛特訓してマスターする「庶民のシュート」だったりするのです。

転職ならエージェントがおすすめ!年収アップ・残業0を実現!

晩酌、やめてよかった〜っ!お金・時間・心と体にメリット大!

mineoのすすめ|まだ3大キャリア?早くマイネオにしなよ!

たわらノーロード|豊かな実りの「縁起物」で五穀豊穣!


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

たかはし昇一

30歳から3つの「と」(投資・登山・トレーニング)を習慣にしたら人生が変わった金融系サラリーマン!1985年生まれ、東京都23区内在住です。2034年までに金融資産3,000万円の「アッパーマス層」になります!「収入を増やす」「支出を減らす」「投資で増やす」をコツコツ実践中!